記事一覧

補正予算の行方

 「政府・与党は会期51日延長へ」との見出しの産経新聞朝刊。確かに「年金」「海賊」「消費者庁」の3本は責任を持って成立させないとならないでしょうし、補正予算の中身が産業構造を変える政策も多いことから、会期の延長はやむを得ません。しかし、野党が多数派の参議院で、審議拒否や引き伸ばしによる「60日みなし否決規定」などであらゆる可能性を想定しなくてはならないのは、議会制民主主義とは何かを考えさせられます。参議院はまさに機能麻痺に陥り、いたずらに政局の道具にされていると批判されても反論できないでしょう。
 本日も朝5時前に起床し、6時半前から本郷台の駅に立って街頭演説。多くのボランティアの方々にお手伝いいただき、また、多くの人からお声かけいただき、感謝。そして、混雑した東海道線に揺られ、朝9時から衆議院予算委員会に出席しました。
 平成21年度予算では、総理に漢字テストをしたり、定額給付金をもらうか、もらわないかを巡り、極めてレベルの低い議論が横行しましたが、今回の補正予算では、概して枝葉末節な論議が多いように感じました。
 当然、小沢代表の公設秘書が政治資金規正法違反で起訴されたことから、民主党による政治とカネの問題や、公共事業全般に対する追及も緩かったように思いますが、テレビ中継もあり注目されている委員会だからこそ、やはり大局的な議論が必要な気がします。
 例えば、新型インフルエンザに対しては、必要以上に慌てず、検査体制と対応を徹底するとともに二次感染を防ぎ、またワクチンも十分な数を確保し、国民を安心させなくてはなりません。防衛論も、政権としては集団的自衛権の議論をしておりませんが、国家全体の視点で国会から喚起する必要があります。年金もいたずらに未納や記録問題に終始せず、全体的な財源や、適正な給付額についても議論が深まるべきでしょう。
 こうした中、先週金曜日に質問に立った社民党の阿部議員の質問は、内容を伴ったなかなか堂々とした立派な議論で、与党側からも拍手が上がりました。与野党関係なく、協調できる部分はあるし、政策のグランドデザインの議論は意味が大きいと考えます。
 次期総選挙後の望ましい政権の形も、自民、民主による大連立を望む国民の声が最も多くなっています。政局に持ち込まず、時には国民の声に耳を傾けて、国家の方向性を探る審議時間も必要です。
↓このブログを多くの皆さんに知ってもらうためにもクリックをお願いします
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(国会議員)へ
にほんブログ村


 

【消費税免税カード~定額給付金活用の提案~】

 今日も地元の皆様から「定額給付金」についての賛否両論のご意見をたくさん頂きました。そこで私は、貯蓄されやすいと予想される現金支給ではなくて、1万2千円分の『消費税免税カード』にしたらどうか?と、提案をさせて頂きました。つまり買い物時にそのカードを掲示すると5%の免税になります。1万2千円分の消費税が発生する24万円分の買い物が免税でできるわけです。支給された給付金を消費に回し、『景気対策』としての効果を得るならばと、思い発案しましたが、「なるほど!」と、賛同を得ることができたようです。皆さんはどう思われますか?
いずれにしても、こういう景気対策はスピードが命。閣僚の言葉がバラバラで印象を悪くした感は否めませんが、第二次補正予算を出来る限り早期に成立させる必要があります。
(栄区光明寺新年会、逗子市賀詞交歓会、鎌倉薬剤師会新年会)


 

355回目の街頭演説は大船駅にて

今朝も街頭演説はひき続き行いました。
昨日夜が遅いとか国会日程が詰まっているとか自分の体力に負けそうな要素はたくさんありますが、それでもボランティアの方や街行く通勤通学の方たちに頂く「頑張れ!」の一言で疲れも吹っ飛びます!
引き継ぎ頑張りますので是非ご声援お願いします!


 

【決起大会in鎌倉地区】

10月7日(火)
 鎌倉芸術館にて、決起大会を行いました!3日目の決起大会最終日を迎えて皆さんの熱い応援をしっかりと胸に刻みました。鎌倉では、「大船東口モノレールの開設や大町6丁目の文化史跡保存への国からのサポート、地方交付金の倍増により電柱の地中化等の予算を拡大。」など皆様のお声を元に国に働きかけをして参りました実績もお伝えしました。連合後援会会長の冨田英雄会長の御挨拶の中に、「林じゅん君を使って国会にもの申そう!」というお言葉に皆様共鳴を頂きました。そうです!私は皆様お一人お一人の代弁者です。これからも皆様のご期待に沿うよう働かせていただきたいと思います。


 

【決起大会in逗葉地区】

10月6日(月)
逗子文化プラザなぎさホールにて、決起大会を行いました!
前回の2003年の選挙のときには決起大会を開かず、演説会形式のものは一度も開催しませんでしたので、今回は2000年の初出馬依頼に大きな会場での大会になりました。2000年の時には600人の方たちを目の前に、足が震え何を言ってるのかわからないような状況でしたが、今回は皆様に「わかりやすい説明でよかったよ!」というお声を頂きました。中でも高齢者健康増進支援策としての『ゴールドカード』の提案には会場から「いいそ~!」というご声援を頂きました。若い人もお年寄りも元気で明るく過ごせる国づくり、街づくりを目指していきたいと思っております!


 

【決起大会in 栄区】

 来るべき決戦にそなえ、栄区公会堂にて決起大会行いました!600名を収容するホールでしたので皆さんお一人お一人に声をかけて参加して下さるようにお願いしました。中でも地域によっては日曜日はその時間帯にバスがないところや、どうしても不便で公会堂まで行きづらい地域は、自家用車でピストン送迎までして下さる熱心な支援者の方たちもいらっしゃいました。最後の演説まで聴き終えた後に、「林さんを命がけで当選させることを決心しました!」とおっしゃって下さった方や、5年までに選挙に初めて出た時のことを思い返し「演説もうまくなって、ほんとに立派になったわね・・・・!」と泣いて下さるご婦人もいました。
 こんなに多くの方たちに熱心に支えられ心強いことはありません。何としてでも勝たねばならぬという闘志がますます強くなりました!ご協力いただいた栄区の皆さま、本当にありがとうございました。


 

305回目の街頭演説は東逗子にて

連日ボランティアスタッフの方がたにご協力頂き朝の街頭演説を開催中です! スタッフジャンパーはイメージカラーの赤に決め皆さんに着て頂いております。1000回まで道のり長いですが皆さんに支えられがんばります!


 

【事務所開き】

 鎌倉警察署前に選挙事務所を新しく開設し、今日は事務所開きを大勢の後援会の皆さま、地元議員団と共に無事に執り行いました。今後はこちらが情報発信、そして皆様のお声を受け止める基地になります!「初当選から3年間の議員活動の集大成としてこの選挙戦を勝ち抜くことと、まずは勝つことで御恩返しをしたい!再度お選びいただけるように今後の展望を皆様にご訴えさせて頂きたい!」と強く訴え、大勢の皆さまの激励の頂き、勇気100倍でした!
鎌倉にお越しの際には是非お立ち寄り下さいますようお願いいたします!
追伸:特に準備や段取り進行に協力を頂いた林じゅん後援会青年部の皆様・・・本当にありがとうございました!


 

皆様との対話を通じて

今月は続々とミニ懇談会を企画しています。今日は、常盤公会堂にて開催をいたしました!政局や新しい総裁の責任と課題など話題はつきませんでした。


 

ページ移動