記事一覧

~小泉元総理の動向~神奈川新聞記載

チルドレンは同調せず/小泉氏の再議決欠席
政治・行政 2024/02/18  自民党の小泉純一郎元首相(衆院11区)が十八日、定額給付金の財源などを確保する二〇〇八年度第二次補正予算関連法案の再議決に欠席を明言したが、「郵政選挙」で当選した県内の一期生議員からは小泉氏に同調せず、「再議決には賛成する」という声が相次いだ。

 前回採決で賛成に回っていることや定額給付金の早期支給のため、一期生議員は「欠席、反対はしない」(坂井学氏=5区)「前回を踏まえ当然賛成だ。一期生こぞっての同調はない」(赤間二郎氏=14区)などと口をそろえる。

 小泉元首相の欠席表明というさらなる“追い打ち”に、福田峰之氏(比例南関東)は「麻生首相が小泉氏の信念に石を投げた。そのことへの個人的な政治闘争ではないか」と推測。ある若手は「(訪ロ中の自分が)いないときに再議決があると思っていたのでは。いまさらノコノコ出てこれないでしょう」という冷ややかな見方もあった。

 一方、林潤氏(4区)は「小泉さんの動向に注目が集まり、麻生政権への痛手は広がるかもしれない」と懸念していた。


 

【国会ツアー開催します!】

 皆さんからリクエストが多かったので国会ツアーを11月26日に開催いたします!今回の午後のお楽しみは紅葉スポットを見学するツアーになっております。一度国会を見ておきたいとお考えの方はぜひご参加ください。詳細は、下記の『新着情報コーナー』をご覧ください。


 

【決起大会に向けて】

 いよいよ決戦の時が近づいて参りました。3年間の総決算をするべく下記のとおり決起大会を開催いたします。一人でも多くの方にご参加下さいますようお願い申し上げます!

~~~~^~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
10月5日(日)19時より 栄公会堂
10月6日(月)19時より 逗子文化プラザ
10月7日(火)19時より 鎌倉芸術館
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


 

【耐震工事で「減災」を!】

東京新聞 8月19日(火)号 6面に掲載されました!

リレートーク 首都圏
耐震工事で「減災」を
地震・防災対策 林 潤衆院議員(自民、神奈川4区)

 首都圏直下型地震の最大の問題は首都機能がまひすることだ。
 他の地域での大災害では、首都が司令塔になって災害対策が行えるが、首都機能が失われれば救援隊の派遣、支援物資の輸送などがスムーズに行われないだろう。
 救援が遅れるとなれば、被害をできるだけ少なくする「減災」と、いかに生き残り、生き延びるかという「自助」が重要になる。
 そのために急がれるのは、建物の耐震補強工事だ。
 早朝の発生だった阪神淡路大震災では、多くの人が下敷きになって亡くなった。政治の側はまず、耐震化が命を守るということを訴えていかなければならない。
 地震後の火災も、家屋が倒壊しなければ、かなり低く抑えられるはずだ。
 命を守る耐震工事は、新たな需要として、建設業界にもメリットがある。
 各自治体で、住民の耐震化工事に対する補助内容にばらつぎがある。
 一方、地元工業高校の生徒による耐震診断実施や、箱モノ施設の建設を見送って浮いた資金で、これまでより充実した防災セットを住民に配るといった、先進的な取り組みを進めている地域もあると聞く。
 国政レベルでは、こうした全国の実態を把握した上で、財政的に余裕のない自治体も、「減災」や「自助」の対策を進めることができる手だてを考えていきたい。
(談)


 

ホームページをリニューアルしました!

本日、ホームページをリニューアルしました!
ホームページによる情報発信で、普段交流が持てない方たちにも是非私の活動の一端を知っていただきたいと望んでいます。
なお、ホームページの内容やご意見なども是非お寄せいただければ改善をしていきたいと思っております。
何卒よろしくお願いいたします!


 

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ