text2月26日
丸さんをしのぶ

 先週は火曜日に北鎌倉駅、水曜日に大船駅西口、木曜日に鎌倉駅西口で早朝の街頭演説を行いました。今朝も鎌倉駅東口で構造改革を呼びかけ、街頭で演説しました。往来する通勤客に、事務所のスタッフが「はやし新聞」を手渡していますが、快く受け取ってくれる人も多く、勇気付けられます。2・3月合併号の次号ももうすぐ仕上がりますので、是非ご一読ください。

 先週土曜日は私の住む鎌倉市大町で助産婦として活躍なされた丸ヱキさん(94)の葬儀に参列しました。丸さんはわが母校、慶応義塾の先輩にもあたり、戦前の昭和9(1934)年から大町の産婦人科医院で助産婦を務め、生涯に9千人あまりの新生児を取り上げました。

 丸さんのエピソードは多く、自転車に乗って町内を走り回る姿が印象的だったと、その気さくな人柄が参列者から語り継がれていました。丸さんの地域に根付き、その献身的だった生涯は、公職にある者にとって理想的な生き方ともいえます。丸さんをしのび、私も「地域に貢献したい」という思いを新たにしました。




閉じる