text3月9日
構造改革の決意を新たに

 横浜市西区のホテルで開かれた自民党神奈川県連(梅沢健治会長)の政経文化パーティーに出席しました。パーティには麻生太郎・自民党政調会長ら党幹部や中谷元・防衛庁長官、石原伸晃・行革担当大臣ら閣僚がゲストとして招かれ、会場を埋め尽くした支持者で熱気に包まれていました。

 田中真紀子・外務大臣を更迭し、支持率が低下した小泉内閣ですが、麻生政調会長も「50%に落ちて大変という人もいるが、内閣発足から1年近くもたって、こんなに高い人はいない」とエール。中谷長官も「小泉首相が改革に蛮勇をふるうことができるように支えていきたい」と構造改革の必要性を強調。会場からも「総裁予備選」で小泉総理が神奈川から誕生した改革の機運を感じました。

 最年少閣僚として活躍中の中谷長官に「宏池会の候補者公募試験に合格し、この神奈川で草の根から構造改革を目指しています」とあいさつすると、「がんばってください」と激励の握手をいただきました。私もJR鎌倉駅などの街頭演説で構造改革を呼びかけていますが、さらに改革の炎を燃やし続けようと決意を新たにしました。

 会場では小渕優子、河野太郎両代議士ら若手が会場で記念写真のサービスを行い、入場者にも大変に好評でした。ちなみにお土産ですが、自民党神奈川の乱と称して小泉総理誕生の軌跡を追った「一票一揆」という書籍(神奈川新聞社)と小泉総理による色紙「信なくば立たず」など数点でした。

 なお、私事ですが、今週の街頭演説は風邪をこじらせ、体調不良のために1日しかできませんでした。早く体調を整え、元気良く街頭で構造改革を訴えていきますので今後ともよろしくお願いします。




閉じる