4月11日
ボランティア

 先月日曜日、逗子市の逗子海岸で海岸清掃のボランティアに参加しました。うちのスタッフも同行して、午後1時に海岸に集合。主催する逗子ビーチクリーン隊から、燃えるゴミと燃えないゴミの2種類のゴミ袋を渡され、ゴミ拾いに励みました。

 午前中に天気が悪かったせいか、昨年より参加者は少ないようでしたが、サーファーから海岸を散歩する市民までが熱心に取り組みました。私も記者時代にゴミ拾いのボランティアを取材したことはたくさんありましたが、実際にこうして一員として参加したのは大学生の時以来です。

 出るわ出るわ、ペットボトルとフタ、ビニールなど食べ物の空き袋、さびた釘、ガラスの破片、ボロ布など。ゴミは家庭用の20リットルほどの2つのゴミ袋に、約1時間でたくさん集まりました。感想は「いやー、いい汗かいた。たくさん取れてよかった。」です。記者時代はともすると理屈で考えがちだったゴミ問題も、体験が一番だと実感しました。効果のほどは小さいかも知れませんが、一市民ながら地域に貢献できる喜びを感じた瞬間でもありました。

 大きな理想も小さな一歩から始めたいと、これからも初心を忘れずにがんばります。




閉じる