12月24日
 クリスマスイブの朝から、地元の町内会や福祉施設を回り、餅つき大会に3会 場を回りました。 夕方から夜にかけては、地元建設会社のクリスマス大会、スポ ーツ団体の忘年会、チャリティー コンサートと鎌倉、逗子、横浜をめぐり、イベン トは目白押し。イベント三昧に嬉しい悲鳴です。 うちの事務所の秘書団も本来 なら、家族でケーキやローストチキンをいただきながらクリスマスと 生きたいところ でしょうが、代議士の運転や代理出席に明け暮れ、プライベートもなく可哀相で すね。当事務所では秘書に休日出勤の代休を取らせていますが、ちなみに私は 今年に入って からは一日も休まず頑張って活動しています。

 そういえば、12月が始まってから、同級生はじめ友人との再会が多かったです。 10日には学 習院初等科時代の同窓会も行われ、ほとんどの出席者とは20 年ぶりに旧交を深めました。 33歳ということで、既婚の同級生も多くおりました が、みかけは意外(?)にも若くて変わらない のでびっくり。しかし、妙に所帯じみ たり、お受験ママに変貌した同級生にみんなで突っ込みを入 れました。この日は、 3次会、4次会、ラーメン(太る)と続いたそうですが、私は夜6時から鎌倉で3 件の忘年会をハシゴしなくてはならず、夕方でみんなとお別れしました。

 さらに、大学時代のゼミの同期の集まりも企画され、盛り上がりました。商学 部で藤澤ゼミという 社会保障を専攻するゼミに入っていたのですが、今から一 週間ほど前、卒業10年記念で当時 のゼミ代表が藤澤ゼミ忘年会を企画し たところ、年末で都合がつかずにキャンセルかと思いきや、 予想以上の出席率 にびっくり。そのうち映画会社と鉄道会社に勤務している2人とは10年ぶりの再 会でした。品川で飲み会を開いたのですが、とても懐かしくてすぐに時間が経って しまいました。 ラストオーダーも終わり、一人が「ゼミのみんなで林の議員宿舎に 行こう!」ということになり、情報公開の一環として高輪宿舎に連れていくことに しました。

 高輪宿舎はおよそ築25年。エレベーター前の壁は亀裂が入っており、風呂 や流しは昭和時代 の企画のものです。しかし、警備員や職員が常駐し、国会 議事堂と結ぶ往復バスが定期的に 発着しているのが便利です。また、官報も 入ってきますし、国会の情報がとりやすくもあります。「杉村太蔵議員の発言で、 批判的な報道を受けたが、必ずしもその通りではないよ」と宿舎を案内し たと ころ、「意外と古いんだなあ。しかし、場所は近くていいよな」と納得していました。
議員宿舎は 新聞記者か関係者でない限り、意外と見る機会は少ないですよね。
 数日前には麹町中学時代の友人とも会いました。現在、首都圏に多数出展 している大きな 老舗寿司屋の社長に4月に就任したとのことで、お互いの境遇 を祝いました。寿司の味はやはり 天下一品。創意工夫が見られます。

 こうして旧友との親交が深まるにつれ、人間関係も広がってきます。若手経営 者による、朝食 会にも誘われました。同級生と話していると、とりわけ話題にな るのが結婚です。シングルの私はまさ に肩身が狭いのですが、こうしたクリスマス イベントの日にはなおさら、地元の支援者の方々からも「早 く嫁さんを見つけて、 地元で活躍してもらわないとなー」と叱咤激励されます。国会議員になってから は、特に結婚しづらいと言われますが、それはスケジュールの忙しさと、仕事の 大変さにあると思います。 当選1回はおろか、当選2回の30〜40代の先輩 議員にも何人が独身がおります。政策で少子化 対策を語る前に、時間を作り、 プライベートを充実させる努力が大切だと思います。

 皆さんすべてが、良い出会いを重ね、初々しい気持ちを保てますことをお祈り して私の今日のごあい さつとさせていただきます。




閉じる