9月30日
初めての予算委員会と国政報告会

 午前9時半、国会対策委員会に出席。新人研修の 一環として予算委員会の仕組みや予算の流れについて 説明を受けました。党本部では午前8時から国土交通 部会、文部科学部会が開催され、資料をいただきまし た。本部では毎朝8時から官庁分野ごとに部会が開か れ、朝食をとりながら官僚から法案の説明をいただくの が日常となっています。新人が勉強する格好の場所で すが、この日だけでも2つのほかに行革推進本部、公 務員制度改革と4つの部会が開催されています。テー マを絞り、地元への報告とバランスを取りながら勉強を 重ねたいと思います。

 正午、新人議員83人が集まった会「83(ハチサン) の会」の結成式が党本部8階のリバティーで行われまし た。会場の出入口に民放のカメラが殺到しましたが、 「ニュースバリューは何だろう?」と元記者として疑問を 感じながら入室。これまでの慣例で新人が集まって情 報交換や交流を深めようと会合を開いたわけです。マ スコミは郵政民営化に反対した議員と、刺客候補が 競合して当選した選挙区に興味があったらしく、選挙 区支部の解散など今後の党の方針に注目していた そうです。83会は今後定期的に情報交換の場を持つ ことと、各ブロックから幹事を出すことを決めました。南 関東ブロックのわが県は、神奈川県連事務局長の浮 島代議士を幹事に推薦し、了解されました。私が昼 食で出されたカレーライスを食べているシーンがテレビ に映ったらしく、地元の支持者から「じゅん君がテレビ で活躍する様子を見たよ。負けないようにがんばれよ」 と激励の電話をいただきました。

 午後2時、予算委員会に出席。委員席の後ろに 1時間座り、予算委員会の様子を傍聴します。新人 が多いため、1時間ごとに7、8人が交代で委員会室に 入ります。私の傍聴時間は民主党の前原代表の質問 がありました。予算委員会は予算に関わる事案の討議 の場ですから、基本的にどんな問題でも質問できるわ けです。自公与党と、野党第一党である民主党は「小 さな政府」路線を始め、憲法や靖国問題でも政策的に 極めて近いということもあり、改革路線を競う論議になり ました。まずは論戦の雰囲気を味わいました。当然テレ ビ中継がありましたが、委員会の室内は想像していたよ り小さかったことが印象的でした。来週の月曜日も予算 委員会に出席します。

 午後6時半より、地元・大船のホテル好養で「林じゅ ん大船・玉縄地区国政報告会」を開催しました。参院 補選候補予定者である川口順子元外相、小林温、 小泉昭雄両参院議員、中村省司、保阪努両県議ほ か地元市議の先生方、そして商店街や自治会、農協 など後援者の方々約200人が出席。これまでいただ いたご支援のお礼とともに、国会における初登院はじめ 体験談、そしてこれからの抱負を述べました。胸にあるの は小さなバッジですが、こうした応援していただける皆様 の大きなお力添えがあって、初めて手にできたわけです。
改めて感謝申し上げるとともに、商業発展や災害対策 など地元の国会議員として早く貢献できるように一生 懸命勉強を重ねることを誓いました。




閉じる