1月12日
水交会
 朝の街頭演説と新年会回りを毎日地道にこなしています。当選して初めて迎える1月で、ありがたいことに昨年までは招待されなかったところからも、今年はご招待の声がかかっています。厚生労働委員会に配属になったので、医療や介護をはじめ、業界とどんなつながりが広がるか分からないし、また推薦をいただいたりとお世話になっている団体と親交を深めます。さらに、3月26日には逗子市議会議員選挙もあり、党の地域支部としての対応の打ち合わせも行います。わが党からは現職の眞下政次、網倉大介両市議を公認したので、必勝を期すべく、逗子市内ではポスター等の貼り出しを進めています。
 本日は、旧海軍や海上自衛隊出身者らで構成する水交会に出席。映画「男たちの大和」の製作にも、この水交会が大きく協力しました。東京の会場でしたが、地元在住者も多くおり、今後の日本の行方について語り合いました。今度の通常国会で審議される防衛庁から防衛省への昇格や、皇室典範、さらには国民投票法案についても会員の方たちと意見交換しました。出席者の最高齢は94歳の方でしたが、その声の大きさ、頭の切れ、かくしゃくぶりに驚かされました。20日から始まる国会でいかに議論しようか決意を固めます。
 夕方から夜にかけては厚生労働委員会に絡んだ団体を幾つかハシゴしました。国会が始まってからも新年会は数多く続きます。




閉じる