1月18日
証人喚問とライブドア強制捜査
 テレビでもご覧になった方も多いでしょう。ニュース多き一日でした。ヒューザーの小嶋社長の証 人喚問。午前中はライブドアの強制捜査。ホリエモンの記者会見。東証は取引停止。株価は暴落。そ の様子は一日中放映されていました。
 一方、自民党本部は党大会を前日に控え、本部内で全国各地から持ち寄られた名産品を展示するお 国自慢の「物産展」が開かれていましたが、総理や幹事長も心中さぞかし大変だったと思います。神 奈川県は「横須賀海軍カレー」を展示・販売しましたが好評。しかし、証人喚問がなされている重大 な時に、「こうしたイベントは不謹慎ではないか」という一部マスコミからの指摘もあり、昨年から 計画されていた事業とはいえ、考えさせられました。私は党青年局や各種団体の会合がありました。 耐震偽装事件は、まず、事件がどのような構造で起きたのか追及することです。確認検査は形式的 なものでなかったのか。また、小嶋社長がいつの時点で耐震偽装マンションだと知ったのかという点 です。当然、瑕疵を知っていて売りつけたということで宅建業法違反に問われるでしょうが、証人喚 問で明らかにしなければならなかった。しかし、小嶋社長の「訴追のおそれがあるため、証言拒否し ます」という手段により、十分に追及できないばかりか、立法府そのものの威信を低下させました。
そして、再発防止のための建築基準法をいかに法整備していくかという点です。
 また、こうしている間にも被害のマンション住民は二重ローン、ならびに心理的、経済的負担にあ えいでいます。こうした公的な救済方法も、震災などとのバランスをとりながら、どこまで国や地方 自治体でフォローできるかを議論しなくてはなりません。
 当選1回生と2回生で構成する「自民党耐震偽装ワーキングチーム」も昨年から現地の視察や住民 ヒアリング、幹事長への提言など活動を続けています。私もその一員に加えていただいていますが、 果たして今回の証人喚問、国民の方々にはどのように映ったでしょうか。全容解明という点からする と、伊藤元国土庁長官のかかわりも国民的な関心事となっています。新たにと安倍官房長官の名前も 出てきましたが、安倍長官の秘書が会って話を聞いただけで、関係機関への働きかけなどは一切ない のに、あたかも疑惑のような捉え方をされるのはいかがと思います。総合的な解明が待たれますし、 これは国民的課題です。
 もう片方のニュース。ライブドアを強制捜査したのは東京地検特捜部。記者の常識ですが、ホリエ モン逮捕を前提として証拠集めをしていることに他なりません。ホリエモンとは面識はありません が、同じ33歳で誕生日も一ヶ月違いとあり、それぞれ政界とITの世界で頑張っている同世代とし てシンパを感じていましたから、違法行為を弁護する気はさらさらないものの、正直驚きと残念な気 持ちです。容疑を固めることに全力を注いでいるのでしょうが、捜査の進展が待たれます。
 この日は、宮崎被告の最高裁上告が棄却され、死刑が確定。さらに、阪神大震災から11年となり ます。本当にニュース多き一日でしたが、被害に遭われた方々のご冥福を心よりお祈り申し上げま す。




閉じる