写真 12月9日
市長選最終日、盛り上がりはピークに
 逗子の市長選挙は最終日。逗子駅ロータリー前に、わが党推薦のあみくら大介、ふじよし一哉両候補のため、菅義偉総務大臣が応援に駆けつけました。雨が降りしきってましたが、地方自治のほか、拉致問題や郵政民営化など、自民推薦のあみくら候補でなければ市政のリーダーは務まらない、と白熱した演説をぶちました。私も地元選出代議士として応援弁士の街頭演説会の司会を務め、朝、昼、晩とあみくら、ふじよし両候補の宣伝車に乗り込み、支持を呼びかけました。陣営は夕方からは商店街も練り歩き。夜には公明党県代表の上田勇代議士も応援に駆けつけ、マイクの使用が許される午後8時前、ロータリーは盛り上がりは頂点に達しました。
 全力は尽くしました。明日はいよいよ投票日です。




閉じる