写真 12月10日
餅つきのハシゴ。市長選は夜判明
 鎌倉児童ホームにて開催されましたもちつき大会に参加いたしました。今日は同施設など3会場の餅つき大会で杵を振るいました。同施設はかつてのいわゆる「孤児院」であり、今では虐待や、親族に保護者が見当たらないケースなど複雑な事情で保護された子どもたちが生活しています。鎌倉駅まで徒歩5分という地の利の良さですが、昭和40年代にようやくトンネルが開通して便利になったそうです。ここ30年ほど、地元の菓子組合がもちを提供し、子どもたちに喜んでもらおうと、毎年実施しているということです。私たち政治家の役目も、正にこうした子どもたちに光を当てることにあります。
 国会でも党の「子どもは宝」PT次長、児童教育小委員会副委員長などを務めさせていただいている関係から、こうした子どもたちの心のケアや、法的に守られた環境づくりに全力を尽くすつもりです。このシーズンは、町内会や農協などの餅つき大会が数多く主催されます。重い杵、軽い杵いろいろとあり、最初は腰も痛めましたが、最近は慣れてきました。この日は終日地元回りで、夜は忘年会が鎌倉市医師会や鎌倉三田会ほか4件。夜10時ごろには逗子市長選の大勢が判明します。




閉じる