4月28日
靖国神社を参拝して
 靖国神社に本日早朝、参拝しました。都心の一等地にありながら緑に囲まれ、小鳥がさえずり、雲ひとつない空は、実にすがすがしい一日のスタートでした。
 今日は対日サンフランシスコ平和講和条約が発効し、日本が主権を回復した日です。昭和27年のことです。同期の国会議員22人と靖国に参拝し、240万人余の戦没者に対し、心より哀悼の意を表するとともに、今日、私たちが平和で豊かな世の中に生きられるという感謝を捧げました。「国民の生命と財産を守る」政治家として身が引き締まる瞬間です。
 この参拝は自民党一回生議員の保守派で構成する「伝統と創造の会」(会長・稲田朋美代議士)による勉強会の一環です。私も副幹事長を務めていますが、中曽根元総理や渡部昇一上智大教授など政治家や学識経験者をお招きし、毎週1回のペースで勉強会を重ねています。今日は靖国神社を参拝しながら、A級戦犯合祀や政教分離について考えることがテーマでした。
 明日からはゴールデンウィークが始まりますが、地元の行事に参加し、また英気を養いに、しっかり頑張ろうと思います。多くの政治家はこの間に、外遊として海外に出かけますが、私もブラジルやアメリカ、韓国と、3回も先輩議員から外遊のお誘いを受けました。全く声がかからない一回生議員も多くいるということで、とても光栄なことだとありがたく受け止めました。
 また、費用についても、主に党から出るため、個人負担は少ないことから、視察して議員外交を進めるのも一つの手かとも思いました。特にブラジルは11日間という日程も決まり、サンパウロやブラジリア、リオデジャネイロと三都市を訪問する中、外国労働者の受け入れ実態や、自動車の環境問題をテーマに視察し、現地で会談する政府高官や国会議員などもセッティングされておりましたので、惜しい気もしました。南米には行ったことがありませんし…。しかし、私は地元で皆さんとふれあいを第一にしたいと考え、一期生の間は外遊に出かけないと決心しました。二期生になるまで我慢し、もっと深く地元の交流を大切にしたいと思います。
     




閉じる